1. HOME
  2. Blog
  3. 2022年日本人大覚醒
Blog

2022年日本人大覚醒

Blog

新年
あけまして
おめでとうございます。

雪の元日からスタートした2022年、朝はお雑煮をみんなで祝う清々しい正月3ヶ日を過ごすことができました。

皆さんも素敵な正月をきっとお過ごしになられたことでしょう!

私は12月17日に公開された映画「マトリックス」4作目の最新作が気になっていたのですが、
最新作を見に行く前に、過去の1作目から3作目を再度見てから行こうとAmazonプライムで2日で3本鑑賞していました。

ご存知の方も多いと思いますが、1作目の公開は1999年ですので23年ほど前の作品ですが
古さは全く感じることは無く、3作連続で見るとよくわかる内容になっていました。

アマゾンプライムのメンバーの方は無料で見ることができますので、時間のある時にご覧ください。

私も最新作を見に行ける日を楽しみにしています。

日本人大覚醒せよ!

さて、本題に入りますが冒頭から映画「マトリックス」三部作をご紹介しましたが、

この映画の主人公は1作目では主人公は赤いカプセルを選びマトリックスの世界を知ったのですが

その世界のことを直ぐには受け入れられなかった。

ましてや、人からあなたは”救世主”だと言われ何が何だかわからないようでした。

そして、元の世界に戻りたいとさえ感じたのです。

ところが、徐々にマトリックスの世界に慣れてきて、自分は本当の”救世主”なのかもしれない?と考え始めたのです。

そして3作目で自分は”救世主”だと自覚し、自分の命をかけて一人で戦いに臨み、強い信念自覚の元に人々を救った。

という私なりに簡単にまとめさせていただきます。

何が言いたいかと申しますと、この映画の主人公は今の私たちの生き難い世界で、もがきながら多くの人々が生活の

ために金が全てだと生きている私たちと重なり合うと感じたのです。(あくまでも個人的な感想です)

1976年国連で世界の人口を削減させることに参加した世界のトップたちが合意をしていたことは、知らない方も多いはずです。

それでどうやって世界人口を削減させるかというと、第一次世界大戦のような戦争をするのでは無く、ワクチンです。

2020年から新型コロナウイルスが世界中に広まりパンデミックとマスコミやメディアが大きく取り上げました。

しかし、事実はこのウイルスは仕組まれていたのです。

いまだにこのコロナウイルスは世界中で存在証明すら無いのです。

しかも、何十年も昔からコロナからオミクロンまで特許が取られていたのです。

怖い怖いとマスコミやメディアで大々的に流せば、日本人の多くの人々はそれが事実だと騙されてきたのです。

そうすれば、誰しもがワクチンを打ちたくなると思わせて、免疫力を低下させるワクチンを打たせることが

人口削減の手段となっているのです。

実際にワクチン接種後亡くなっている人が顕著になってきました。

昨年度2021年の亡くなった数は、東日本大震災で亡くなられた数よりも多くなっています。

日本政府は、2022年3月から12歳以下の子どもたちにもワクチン接種を強制すると発表しました。

これだけ、ワクチン接種により犠牲者が世界中で出ているにも関わらず、子供にまで摂取すると発表した

日本政府に対しておかしいと思いませんか?

これだけ、国民にワクチン接種を呼びかけていますが、当の本人たち(政府の官僚や国会議員など)は誰一人

ワクチン接種を義務付けられていません。おかしいでしょう!

日本人は義務教育で教えられてきたことは、まるで羊のようにさせられてきていると言ってもいいかもしれません。

周りの人がワクチンを接種しているから、私もワクチン接種をした方が良いし、人に迷惑をかけない。と言ったような考え方を教えられてきました。

日本人のほとんどが、騙されているのです。

日本政府は確実に狂っています。このままではワクチンの薬害によりワクチン接種をした日本人のほとんどが亡くなってしまいます。

もし、この記事を読んで本当のことが知りたいのなら、是非ご自身で調べてください。

真実は一つです。

真実を知ってください。

2022年日本人が一人でも多く真実に気づき、日本人のための日本を取り戻していく年にしていきましょう!

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ記事

西口吉宏
生年月日:1962/04/08・京都府出身
立命館中・高・大経営学部卒

尖った生き方を応援する
Webマガジン”NOW&VOICE”編集長・
プロインタビュアー・写真家
35年間本音を引き出し続けたプロ。