1. HOME
  2. LIFE
  3. インド本国よりも美味しい!これが本当のインドカリー(京都ムガール)
LIFE

インド本国よりも美味しい!これが本当のインドカリー(京都ムガール)

LIFE, Person, Restaurant

本音トーク!
本音トーク!
インド本国よりも美味しい!これが本当のインドカリー(京都ムガール)
/

オーナーシェフ平田幸秀さん出演ののポッドキャスト番組「本音トーク!」配信中!

1985年インドへ1ヶ月のバックパッカーの旅へ行って以来、僕はインドカリーの大ファンだ。
当時、大学の卒業旅行に行く旅先はアメリカやヨーロッパを選ぶ友人が大多数だった。

友人 「卒業旅行はどこへ行く?」
僕  「僕はインドへ行く」
友人 「えっ〜」
   「なんでインドへ?」
僕  「未知の国、異文化の国に興味あるし」 
友人 「……」

こんな会話を何度も交わした記憶があるが、ムガールのオーナーシェフ平田幸秀さんは、僕がインドへ行った2年後の1987年にインドレストラン・ムガールを創業したと聞いて僕の好奇心のメーターは振り切った。
平田さんはムガールのFacebookページに、最近行かれたインドのムンバイやロンドンの旅行のリポートを記事にアップされていたのを読んで、かなり詳細にリポートされていたので、僕はすぐさま「インタビュー取材させてください」とコメントを送ったのである。
平田さんは快くインタビュー取材を引き受けていただき、その時のインタビューは既にポッドキャスト番組第19回”本音トーク!”で配信中である

33年前の思いを聞くと、オルタナティブの血が騒いだ!と言う平田さんやはり人と同じことはしたくないタイプの人間だ。
その言葉に僕は思わず嬉しくなった。

平田さんのお話を聞くまでは、ランチタイムによく利用させていただいていた。やはり、ランチはコスパを求める人が多いから、料理の作り方もまとめて作っていたんですね。

実は、本当の味はディナーで食べることなんだということがよく理解できた。

ディナー時は、注文ごとに1皿ずつ作るので料理の香りなんかがランチの時とは全く別物だ。

実際に取材の日ディナータイムに再訪問して、頂いたのがこちら!

タンドリーチキン(クウォーターサイズ)
ほうれん草とチキンのカリーとバスマティーライス

まず最初にビールとタンドリーチキン(クォーターサイズ)が出てきた。焼立てで香りがいい!おもわず手で掴んでむしゃぶりついた。そして、さり気なく2種類のソースがこれがまた何とも言えずスパイスの香りがあり、味の変化を楽しめる。うまい!

食べ終わった頃に、ほうれん草とチキンのカリーが出てきた。緑の色がすごく濃い。平田さんが言われていた通りスパイスの香りが素晴らしい!味にもコクが有り深みもあり、リピーター客が多いのもうなずける旨さだ。

カレー好きの人はここのインドカリーを是非味わっていただきたい。

お店のスタッフの方も、心のこもったおもてなし。

平田さんも厨房から出てきてくれました。

オーナーシェフ:平田幸秀さん

ベジタリアンの方ノンベジタリアンの方皆様に対応できるのが、実はインド料理なんです。何種類もの中から自分の食べたいものを、自分のお皿にサーブして頂ける料理なんです。

平田幸秀氏

昔、インドはイギリスの植民地だったことから、ロンドンにも老舗のインドレストランがあって、先日平田さんは視察に行かれた。

そこで出会った新しいメニューで早速新メニューを開発するなど、常に味への追求とこだわりを大切にされている平田さんの姿に感動すら覚えた。

インドレストラン ムガールのH.Pはこちら

http://www.kyoto-mughal.com

京都に来る理由がまた一つ増えました。是非、一度は食べに行かれることをおすすめします。

                        (取材日:2020年2月2日)