1. HOME
  2. Person
  3. 人の人生の岐路を2度も救った男・風水雅号”生道松佳(ウブミチショウケイ)氏
Person

人の人生の岐路を2度も救った男・風水雅号”生道松佳(ウブミチショウケイ)氏

Person

本音トーク!
本音トーク!
人の人生の岐路を2度も救った男・風水雅号”生道松佳(ウブミチショウケイ)氏
/

私が生道氏とお会いするキッカケになったのは、現在オンラインスクールの講座作りをサポートしている
彼女から聞いた話があまりにも劇的だったことにある。

住吉大社にて生道氏

その彼女が今から20年ほど前の話。

最初の結婚生活に区切りをつけることにした当時、彼女は自分に自身もなくし
何もする気になれなかった。
ある時、奈良にあるお墓にお参りすることを占い学校で一緒だった生道氏に何気なく言っていたそうだ。
彼女はそんなことも覚えていなかったようで、丁度タイミングよくメールが届いた。

「そこから東の方角にあるお寺に〇〇時に行った方がいいことあるよ!」

彼女は何気なく言われた時間にそのお寺に行ってみた。
すると、そのお寺の住職さんが出てきてお話をしてくれたそうだ。

その話を聞いた彼女は、今まで一人で思い悩んでいたことが、す〜っと消えていくのを感じた。
それ以来、彼女は本来の自分を取り戻した。

それから、10数年が経った。

彼女の最愛の父上が残された事業を母上が継いでいたのだが、にっちもさっちも行かなくなったことがある。
手元にある僅かなお金を握りしめ、明日の支払いができない。
やることはやった。と諦めかけたころ、また生道氏からメールが届いた。

「その日のこの時間に南の方角にある神社にお参りするといいよ!」

彼女と母上は言われたとおりに、大阪の住吉大社に最後のお金を持ってご祈祷に行ったそうだ。

次の朝、母上が大きな声で私を呼んだ。
何事かと思い1階の母のところまでいくと、母上の友人がお金を持って来られていたそうだ。
その友人が言うのには、「寝ていたら頭の上にキリストさんが現れて、お金を持って〇〇さんに持っていくように言われた。」と言う。

そのお金はその日の支払いに必要な額のお金だった。

彼女からこの話を聞いた時、「え〜っつ」と大きな声を思わず出してしまった。

彼女は後に、生道氏と再婚を果たした。

こんな話を聞いていて、その生道氏とどうしても会いたくなったのだ。

インタビューでも聞いたその方法は「奇門遁甲(きもんとんこう)」と言う中国の武将が活用していた帝王学の術だった。