1. HOME
  2. LIFE
  3. 開運アストロジー
  4. 2021年最初の満月・東洋占星術から読み解く「開運アストロジー」
開運アストロジー

2021年最初の満月・東洋占星術から読み解く「開運アストロジー」

今月の満月からの開運ポイント 1月29日満月時間4:16
(2021年1月29日~2月11日)次回 2月12日(金)4:07

1月29日(金)4:16より満月へ

【今回のテーマ】


1:【魂の輝きに正直に】
2:【幸せになるために生まれてきたことを思い出す】
3:【人間界、物質界の整理】


1:【魂の輝きに正直に】 

自分の口からでてくる言葉と真我の感じている部分を一致して、自分のことを優先する。
 いつまでも、周りのことばかりにとらわれてないで、意識を自分のやりたいことへ集中する。 いつも、子供が、夫が、嫁が、上司が、お客さんがと、主人公を他人にしないで、自分へシフトチェンジ。周りは変えれない。
自分しか変えれないこと再確認。 
もし、上手くいってないとしたら、やり方を変える。
そのことを経験して成功した人に聞く。
2011年から何もかわってなければ、シフトチェンジのタイミングです。
この絶好のチャンスを見逃さないこと。


2:【幸せになるために生まれてきたことを思い出す】 

私たちは、最初から「幸せになるために生まれてきた」そのことを再認識すると、この満月のタイミングに見えない力によりその本当に大切なこと、決めてきたことを実行。
 無理ではなく、あなたがワクワクすること、楽しいと感じること、そしてどう人生を生きたいか?素直に自分に聞いてみる。 
答えに期限を決めると必ず、答えがやってきます
 そしたら素直に受け取ってね。
 


3:【人間界・物質界の整理】 

すべては誰と出会うか?誰と過ごすか?
隙間がないと、新しい波動の人出会えていても、気づかないので、物、人の一旦区切りをつけて整理。軽くしていこう!!
また個の時代へ向かっている今、自分がどうしたいのか?依存から早く抜け出して、すべては自分事として意識できる、潜在意識、集合意識、宇宙意識(気になるかたは講座用意しています)
これからの時代へチャージするために、センスを磨きましょう。
センスを磨くためには習慣化することです。


これからは、満月、新月、太陽をパワーチャージしたお水をつくる
習慣化をつけましょう。

【満月ウォーター】
-用意するもの-
・ガラスボトル(できれば、グリーンボトル)
・お水(ミネラルウォーター)
満月の水はバランスを整えてくれるお水になります。

【作り方のポイント】
・月光浴は日が落ちてから日が昇るまでの間。
・2時間以上月光浴させます。
・特に時間指定はありませんが、ボイドタイムは避けてくださいね。
・月光浴させる場所は、ベランダかお庭、もしくは窓辺。
 外に置く場所がないなら、窓に近いところで大丈夫です。
・出来たムーンウォーターは、できるだけ48時間以内に使い切ってください。

【ソーラーウォーター】
用意するものは上記と一緒。
太陽の水は元気をくれるお水になります。
特に氣力、行動力、決断力、PDCA強化になります。

【作り方のポイント】
ガラス瓶にミネラルウォーターを入れて蓋をし、1時間以上日光浴をさせます。
作る日時に指定はありませんが、ボイドタイムは避けてくださいね。


ボイドタイム一覧を載せていますので参考にして下さいね。ボイドタイムは月の力が無効になってしまう時間。ボイドタイムには重要な決定事項は避けた方がよいといわれる時間帯。ボイドタイムが必ずしもダメというわけではないですが、避けれるのであれば、ボイドタイム時間はさけたほうが良いです。
ただし、恐れることはありません。普段通り過ごしましょう。

【ボイドダイム】
2021年01/30(土)10時52分 ~     17時02分
2021年02/01(月)20時09分 ~     20時25分
2021年02/03(水)15時14分 ~   23時14分
2021年02/05(金)18時19分 ~ 06日02時16分
2021年02/07(日)15時15分 ~ 08日05時51分
2021年02/10(水)02時21分 ~    10時20分
2021年02/12(金)04時05分 ~    16時23分


満月と新月にお届けしている東洋占星術から読み解く「開運アストロジー」ですが、月のエネルギーを味方につけて、皆様の開運を願っています。
是非とも参考になさって思い通りに人生をお送りください。
さらに運気を上げていきたい皆様のために人気の講座をリリースしています。
believeこと鎌田起世美の講座や最新情報のWebサイトができました。https://www.nowvoicemember.com/believe

最後までお読みになっていただきありがとうございます。