1. HOME
  2. Person
  3. 私の活動を20代の若い人たちに伝えていきたい!女優九羽紅緒さん
Person

私の活動を20代の若い人たちに伝えていきたい!女優九羽紅緒さん

Person

インタビュー動画(字幕付き)

九羽紅緒さんインタビュー動画
プロフィール
九羽紅緒(ここのは べにお)山形県出身
精神保健福祉士から現在老人ホームで介護の仕事
2年ほど前に女優としてデビュー。
自分のことも大事だけれど、経済的困窮者のことも
考えられるような大人になって欲しいと
自ら毎月寄付をして社会貢献をしている。
私の活動を是非とも若い人たちにも伝えていきたい
と語る。

インタビュー

はいNOW&VOICE編集長の西口です

今日のゲストはですね紅緒さんで良かったですね

九羽紅緒です。ココノハベニオさんですね

はいお越しいただいております。最初にですね

紅緒さんから簡単に自己紹介の方をお願いしたいと思います

はい、九羽紅緒です。

役者をしながら

福祉の活動を色々させてもらってます

よろしくお願いします。お願いします。

役者をしながらということでね

はい福祉の仕事も大変だと思うんですけれども

役者の仕事も非常に大変だと思うんですけど

も、はい、どちらが大変ですか?

えーどっちが?どっちも大変です。役者も

なりたくてもなかなかなれないっていうか

下積みが長いっていう風に

聞いているんですけども

はい。もう紅緒さんは

既にもデビューされているわけですね

はい。これなんかオーディションに

受けに行かれたんですか?

そうですね。オーディション舞台のオーディションとか

映画とかドラマとかの

オーディションも

色々を受けてっていう感じですね

それに合格されて、今まで何本ぐらい舞台ドラマに出られたんですか?

うんーんと5〜6本ぐらいです。

なるほど、じゃまだ役者の仕事をされてから

まだ2年ぐらいとおっしゃっていましたね。これからですよね

だからなんか

恋愛ドラマとか出られそうですけどね

年齢的には!出れたらいいですね。でそれもやりながら

福祉の仕事ということなんですけれども

紅緒さんは出身はどちらになりますか?

山形県です。

山形も広いですけども

山形のどの辺りなんですか?北の方ですね。

ほぼ秋田みたいなところに住んでいました。そうなんですね。

ちょうど5年前にね私

あの山形の温泉街があってね

新幹線の駅で

あの何とか駅の名前忘れちゃった

山形市の手前に

なんか温泉の駅名のところがありますね

赤井温泉とかですかね?

旅館が高級旅館で合宿しに

行ったことあります。

3泊ぐらいしたかな

それが初めて

人生の中で

初めて山形県に入ったという、東京から

新幹線で行きましたけども

今は東京にお住まいなんですか? はいそうです。

今東京の方は人も多いけれども

コロナの影響ってかなりあると思うんですよね

そうですねなかなか舞台も

あまりできてないですし

映画とかドラマの撮影とかも色々大変ですね

そうみたいですね。テレビとか

出てる方も言われてます

なかなか撮影が進まないとかね。

それで福祉のお仕事

これがまぁじゃあ

今はコロナ関係なしに毎日行かれてるんですか

そうですね。福祉もね

非常に福祉と一言に言っても

色んな福祉があると思うんですけれども

紅緒さんは具体的に

どういう福祉になりますか?

もともと精神保健福祉士として働いていて

そこから介護職に転職した形ですね

介護職っていうのは

大変な仕事ですね。そうですねー

なかなか。よく何年か前は

そのケアマネージャーの話が良くね

給料が安いとかっていう話はよくニュースで聞いたんですけど

紅緒さんがされている

介護職はどういう介護職

なりますか?老人ホームです今。そうなんですね

お年寄り

お元気な方もたくさんいらっしゃるんですが

そこには?そうですね

ご自分で歩かれたりできる方もたくさんいます

でもちょっと認知症ぽい方も

やっぱりいらっしゃって

もともとその精神

保健福祉士として働いていたのもあっ

て色々カウンセリングじゃないですけど認知症の方と、そうですね

関わりながらやってますね

同じ話ばっかりされたりするでしょうね

お年寄りの方の話菊の大変ですよね。またって感じにになると思うけど

紅緒さんの年齢から言うたらもう

本当にもおじいちゃんおばあちゃんみたいな

それより上の人もいるかもしれないんだけど

あの毎日の生活で

言うたらどんなサイクルですか

朝何時から行って

夜な何時頃帰ってくるとかって

結構早い時は早いですね

7時とかからもうお仕事が始まるので

夕方ぐらいに終わったりとかで

休みの日は何をされるんです

休みの日はもう

ほとんど役者の事をだったりとか

ですね。なかなか難しい

ですね。その役者の仕事もね

覚えるのも。あっちもこっちもと言うか

まだ若いしいけるんかな

それでまあその実は

その二つの仕事をしながら

やりたいことがあるわけですね

そのために2つの仕事やってる

みたいな、はい。ということなんですけれども

本当にやりたいことっていうのは

どんなことなんですか?

福祉の活動の一環として

ひとり親世帯の方に寄付をしたりとか

そういういろんな活動してます。

寄付ですか?

寄付とかあとは活動が制限されている

少年野球チームだったりとか

スポーツチームさんへ

映画のチケットをプレゼントしたりとか

そういう感じの活動ですね

すごいですね

自分が遊びに行くお金を必死で働いて

とかっていう人が多い中で

紅緒さんは自分の遊びに行くお金を

そういうところに

寄付されたりしてるっていう感じですよね

そうするとですね。そうですね〜

もちろん遊びに行きたいお金も大事なんですけど、
その社会貢献のために何かするって大事だなって

今まで生きて来て思うことが多々あって

やっぱりそういうひとり

親世帯の方だったりとか

ちょっと生活に不便してる方とかに

少しでも寄付とかして

生活が豊かになればなっていうのがあって

そういう活動を始めました。

国会議員の人に聞いてもらいたい話

この20歳代のね

紅緒さんのような若い方が

若い方がそこまでしてですよ

今寄付をするのかっていうのが

普通の人には

なかなかわかりづらいところもあると思うんです

けど別にその資金的に余裕があるわけ

でもなし何かその紅緒さん自身が

そういうことしたいって思われた

きっかけってあるんですか?

もともと自分がひとり親世帯だったって

いうのもあって、

過去に苦労したこととかもまああったので

少しでも支援できたら

なーっていう思いがあります

あの一人でね

あのシングルマザーとかシングル

ファーザーの方が

今増えてるっていうふうに聞いています

けれども、紅緒さんちょっと振り返ると

どんな時が一番つらかったんですか?

やっぱり高校上がる時に

自分が行きたい進路に

なかなか行けなかったっていうところが

一番辛かった。そうですね

大きい悩みでしたね。それは公立と私立

とっていうその授業料のこととか?そうですね

その高校を選ぶのは

本当は何が何がしたくてその

行きたかったところがあったわけでしょ

それなんかその勉強したいことがあって

そこが本当は行きたかったということですか

そうですねその進路がその中学生とき

も決めてたんですね

大体そうですね

こんな仕事したいなーみたいなのありまして

でもなかなか思い通りにはいかなかったっていう

その時にね

あの紅緒さんのお父さんか

お母さんかが結構つらかったでしょうね

ですね。やっぱりありますね

あとやっぱり欲しいものも

なかなか買ってもらえなくて

みたいなのもあってま

そういう子供たちが多分

世の中にもいっぱいいるんだろうなって思って

絵本をプレゼントしたりとか

そういう活動も今してます

サンタクロースみたいな活動ですね

そうですそうです。クリスマスは年に1回だけだけど

紅緒さんは毎月やってるの?

そうですね。そういう活動は結構

やってます。

見習って欲しいなって言うか

まあそれもあるんですけど

やっぱりどっちかって言うと

もう僕と紅緒さんの年齢で言うと

もう親子のような年齢が離れていましてね

なんか自分は

自分の娘が二人もいますけれども

なかなか自分のことで精一杯でね

娘達見て

いるとそんなに

自分の行きたいものを削って何て言う

そんな考えは

なかなか持てない人が多いんじゃないかな

と思うんで

その中で何かその困っている人のために

なんて言うか

なんていうか救世主みたいな方やね

なんか自分のことよりも

やっぱり人のことを考え

て行動できるような人になりたいな

と思っていて

紅緒の活動を見て

なんかそういうことをフォローできるような人が

いっぱい増えたらなと思います

周りで紅緒さんの活動を応援してくれるよう

な人いるんですか?そうですね

最近は結構色んなクラウド

ファンディングさん

の方にご支援させていただいたりも

するんですけど

ツイッターで呼びかけたりすると

結構反応があったりとかするんで

やっぱりそのなかなか紅緒さんがやっている事を

世の中の人がニュースにでもね

テレビのニュースでも取り上げられない限り

なかなか知ってもらうことが

できないけれども

twitterもね

やってる人たちが

若い人たちが多いと思うんですけど

どんな人に伝えていきたいですか?

やっぱり自分たちと同じ世代とか

若いみんなに知ってほしいですね

そうか

例えば大学に仮に行ってる人たちが長く

本当に真面目にずっと行ってるかって

言うと今最近コロナでなかなか授業もなくて

でもそのアルバイトをしながら

授業料を払っている

大学生達がコロナでアルバイトがなくなって

大学学校やめようかなって思ってるとかっていう

そのインタビューされてるニュース番組

あったんですけども

なかなかやっぱり大学の授業料もね

すごく高いし

そんなに遊びながらっていう人

少ないとは思うんですけれども

でもその大学行かずに

まあその専門学校行かれてね

紅緒さんみたいに

専門学校も意外に授業料かかると思うんですけど

そうでしかもあれでしょ

東京に来て一人で住でるんでしょ

今そうですねかなり大変じゃ

ないですかそのも家賃も高いでしょうし

結構そうですね

やりくりが大変ですよね

ご飯はもう自炊です

しかも仕事は介護の仕事って

またその非常に辛いことだらけ

じゃないかなって思うんですけど

紅緒さんやってて楽しいなって思うことって

どんなことですか?

やっぱりこう話しかけた時に

笑ってくれたりとか

あとお外にお散歩に行った時とかも

今日こんな花咲いてるねとか

そういう点ですかね

他愛もない話をした時とかあとは

いつもありがとうって言ってもらえるのが

一番嬉しいです

一番その反応がね

直接聞けるからわかりやすいですよね

で、だから本当にしたいのは

ひとり親で困られてる方達に

色んな寄付をしながら

活動をもっと多くの一人でも

ちょっと何て言うか今豊かになっ

てもらいたいという気持ちの活動を

今、紅緒さんはされてるんですけど

これからどういう風に日本の中でそういう

同じような活動してくれる人達が

増えた方がいいですよね。そうですね

やっぱり自分のことより

人のことを考えて

行動できる人が一人でも増えたらなあ

と思います

自分のことをよりも

人に幸せになって欲しいっていうのは

何か子供のときに教えてもらったんですか?

特に誰かに教えてもらったとか

ではないんですけど

今までこう生きてきて

やっぱり自分が受けたものとか

を社会に少しでも返せたらなって

いうのがあって。自分で

そういう風に思ったのね感じたんですね

そうですね。

先ほどねスポーツ選手達に

映画の券をチケットをあげたりとか

って言ってましたよね

それはあれですか

映画のチケットを自分で買って

持って行ってあげるんですか

渡してあげるんですかそれともお金だけ

渡すんですか

そういう映画のチケットプレゼント出来る

あのクラウドファンディング

やってる方がいらっしゃって

そこにそこに支援する形で

そういう社会貢献してる

クラウドファンディングを探しながら

そこにお金を支援して

そのリターンはそういう人達にあげるという

そういう活動ですね

なるほどねキャンプ

ファイヤーのクラウド

ファンディングにもいっぱいあるじゃないですか

そこから探すのって難しいですよね

そういうどうやって探すんですか

探し方あるんですか?

でも結構あの

関連の検索のキーワードを見たのが

あるんですか

キーワードキーワードとかも

そうなんですけど

クラウドファンディングのページを見てると

下の方に関連する

クラウドファンディングの
ページとかも出てくるので

色々調べたりとかもしてます。

ちゃんと貯金もしてるんですか?微々たる感じですけど

一応しています。貯金もしとかないと

でも紅緒さんのように一生懸命この仕事してもそれでもまだって言う

そんな特別ね

裕福な稼ぎがあるわけでもないのに

それが僕

はもうちょっとそんな人

もうなんていうか

映画になるのか

キリストにでもなるんかな

っていう風にねえ感じたりしますけど

そのいろんな人ね

インタビューしてるんですけども

やっぱりねあの一番最初の頃にした

あの女性のね

シンガーソングライターの人が大阪で

インタビュー時にその小さい時に両親

交通事故で死んじゃったって言って

そのたまたまお姉さんが

10歳上のお姉さんがいて

その10歳上のお姉さんに育ててもらったって

言ってね今シンガーソングライターで

その歌だけで

やって行くんだっていう人がいましたね

その人がコロナでその

ライブするためにライブハウス借りて単独ライブ

やるって決めてるのにコロナで

出来なくなって

延期になってるとかってあって

それも応援したいなんてここずっと思っててね

でもコロナで若者

若者ばっかり集まるとこに

年寄りが入ったら伝染るかもしれない

とか思って行けなかった。そうですね最近はその

その両親がいなくて

その養護施設って言うんですか

あのその親がいない

子供達が入る施設で育った人がライブ配信

facebookでライブ配信してる人がいて

ねに詳しくお話聞かせてください

って言ったらその方はもう

あのその養護施設で育って

社会人になって働きながら子供

を育ててまシングルマザーで育てて

その子供さんももうあの成人しても

またあの赤ちゃん生んだっていう方なんですけど

でもやっぱりそういう施設

紅緒さんが施設で育ったわけじゃないけど

もうそういう施設で育った子供達が

大人になった時の夢とか

希望とかを持ち持ちにくい

子供達が多いらしいんですよ

18歳でその施設は出る

出ないといけないらしいんですけど

大人になって出てからなんか二人で

しちゃった人がいたらしくてね

だから大人になってから

そのなんていうか

仕事の希望とか

持てない子供たちがいるって聞いたんですよ

僕はそれ聞いた時に

そういう子供たちにこそね

大人になった時にやることいっぱいあるよ

楽しいこといっぱいあるよ

っていうのを伝えたいなと思ったんですよ

今、NOW&VOICEというサイト

でいろんな方インタビューした

記事を声と文字でアップしてるんですけど

いろんな大人の人インタビューしてるんですけど

やっぱりその夢中になってる

自分の今やってることに夢中になっている人

ばっかりをインタビューさせて頂いてまして

そういう、ひとり親の子供達もそうですし

あのまあ経済的に負担

厳しいこれはもう

あのまあ両親が二人ともいても厳しい

世の中ですから今一概に言えないんですけども

やっぱりその気持ちの面だけでもですね

なんかサポートをしていきたいなって思って

今インタビューもあのま

そういうライフワーク的な

風になってきてはいるんですけど

だからその

子供達もそのそういう子供たちにこそ

聴いて欲しいんだけど

その子供達は

そのタブレットとスマホがないんですよね

一人一つ。あーなるほど!環境がない子供たちにこそ

またそういう活動もね

届けていければなっていう

風に思ったので

あの社会貢献していきたいなっていう

子供を育てるとかね

僕は少年サッカーのコーチもしていたんですよ数年前までは。そうなんでね。

それで子供を育てるって言うかね

もうあのそういうことっていうのは

大人の役目だなと思ってるんですけど

やっぱり紅緒さんが

ちょうど成人はされているんだけど

子供達の気持ちがやっぱり近い分わかりやすい

からねそういう子供達にもね

今はまだおじいちゃん

おばあちゃんの

介護施設に仕事されてるんだけど

そういう困っている子供たちもたくさんいるいるから

そういったところでもね

そのカウンセリングとかしてあげると

もっとちびっこたちから受けるじゃない

かなっていう風に思ったりも

今思ってるんですけどね

経済的なサポートっていうのは

お金がいくらあっても足りないんです

でも人口的にたくさんいらっしゃるから

それはできる範囲でも本当に寄付っていう

その無理せんと

やってもらいながらの自分の事が

やっぱり一番大切っていうか

なんていうかシャンパン

タワーの法則って知ってる?

降りますちょっとわからないです

階段状に積み上げていって

一番上がひとつだけなるじゃないですか

そこからシャンパンを注ぐとね

上から上の一番上のグラスが満タンなったら

こぼれ落ちていくじゃないですか

に断面行ってさん

段目行ってっていくじゃない

ですか何段あるから

そのあれの高さにもよるんだけど

でも最初に

やっぱり一番上がグラスが満たされない限り

下の方に小ぶりで行かないんですけどね

でも多くの人達が経てば

母親の立場からすると

家族のためとか子供の為って言って

自分のことを犠牲にしてに段目

から都合とする人が今多いんですけど

そうすると自分が疲れ果てていくんです

ストレス溜まって

とかなんかそのことで

自分が満たされていないカラッカラの状態で

その他の人たちを満たすことができるのかって

言うとやっぱり一番

上から満たしていかないといけないから

やっぱ自分

の気持ちって言うか精神的にね

僕は常に辛い時は多分できないと思うんです

そのなんていうか

お金だけ渡すことはできたとしても

やっぱり自分が辛くなるんだったら

広がらないし

両方自分も気持ちの面で満たされてて言うと

できる人が増えていくんじゃない

かなって

思うんですねそうですね

自分の精神状態って大事ですよね

でもそれに

紅緒さんが勉強されたカウンセリングとか

心理学のところも活かしながら

気持ちの部分も満たしてあげるような活動を

協力してくれる人は

いっぱいいると思うんですね

経済的にお金を寄付するっていうの

はその余裕のある人しかなかなか難しいんですけど

これは寄付してくださいっていう

駅の前で

募金箱持っててもなかなか寄付しくれないそうですね

でもそのボランティアで

そのカウンセリングだとか

そのそういった心の乾いてるような

子供達は大人の人も多いんですけど

今都会に行けば

行くほど多いと聞いてるんですけど

それの両面からやっていくことが

僕はだからお金がなかなか出来ないので

今だからそういう人たちを

元気な人達の

インタビューの声を届けていきたい

最初少なくても

仲間が仲間をつくって行って

共感してくれる人が増えればいいですけどね

そうですね。どういう人たちに協力と言うか

仲間になってほしいなって思いますか?

もし協力してくれる人がいるとしたら

やっぱり自分たちと同じ世代に今

20代とか若い世代に次に繋げられるように

一緒に活動してもらえたらなと思います

そうかじゃあねそういう人たちまあ

どういう風に集めるのかちょっとね

考えてもらって

まあ場合によっては

このNOW&VOICEの

このサイトにアップした時に

これを聞いてみてくれた人

がいたら私も協力しようかなって

思ってくれる人がいるかもしれないし

もっと多くの人に伝えようと思うと

今ねいい方法があるんですよ

ライブ配信がすごくいいって聞いてるんですよ!

なるほどfacebookのライブ配信

ライブ配信は自分のいいね

友達だけじゃなしに

いろんな人のタイムラインに広げてくれるって

言ういいライブ配信して

そのいろんな人からコメントもらったりとか

ハートマークもらう

ライブ配信の内容を伝えていけば

タダでずっと広がっていくと言うので

今一生懸命

されてる人いますよ!いいですね

ライブ配信スマホでできるんで

えてみます

それで見た人が東京でライブ配信しても

北海道と九州の人

見る可能性があるし

世界中の人に見られるわけですよ

日本語が分かる人たちがね

それを見た友達がいいねとか

シェアをしてくれたらその友達また

行くからシェアしてもらってください

東京の友達見てくれたら

ボタン押してねって言ったら

その友達にもまた貼っていくと

リーチ数が何万人とかなるから本当ですよ

すごいですね今すごいですね

そっちの方が効果高い。

色んな方法で紅緒の活動を広める

っていうか私の考えはこうだと昔

こんな辛いことがあったんだよとか

お仕事見つかって

東京に来て

色々一人で頑張ってるんだっていうことを

こうやって喋るのでそれを

見て見てる人が応援したくなっちゃうわけです

だからできるだけ多くの人に広めたい

あの仲間になって協力してほしい

あの一緒にやろうやろうよって

言ってくる人が見つかれば

僕はいいかなって思いました

そしてまぁそういう社会貢献する人たちの

そういう気持ちの部分でね

紅緒さんのその何て言うか

気持ちをやっぱりも同じように学んでもらえる

若者たちが増えたら

もっと日本は良くなるだろうなと思います

そうですね一人だからね女の子一人だし

なかなかそのいろんなことがあって

大変だと思うんですけど

困った時はやっぱり色々

大人の人が助けてくれているので

必ずそういう人

に助けてっていう

あの恥ずかしがらずに

言ったほうがいいと思います

もしあのそういう風にライブ発信してやるぞ

っていうふうに決めたらまた言ってくださいね

最後

紅緒さんがこれだけは言っておきたいな

伝えたいなっていうことあったら言ってください

そうですねやっぱり

自分のために行動することももちろん

大事だし自分の心の豊かさのためにも

大事だと思うんですけど

もう少しこう他人にも

目を向けられるような人には

若い世代の皆さんにもなってほしい

なって思います

すごいね

取材日:2020年9月14日