1. HOME
  2. Blog
  3. 今、ライブ配信研究会が熱い!
Blog

今、ライブ配信研究会が熱い!

Blog

最近、Facebookを開けるとライブ配信をしている人が急に多くなっているのはお気付きだろうか?
数年前から日本では動画と言えば「youtube」がメジャーであり、ライブ配信といえばYouTubeという人もまだまだ多い!
そんな中で、今Facebookライブ配信をアクティブに配信しているグループがあるので
ご紹介したい。
それは私も所属している「ライブ配信研究会」と言うグループだ。
日本一大きいアクティブライバーのコミュニティーだ。


「そもそもFacebookってどうなの?」
「ライブ配信ってどうなの?」


という方のために現状 とFacebookライブ配信の可能性について簡単に解説する。
今年の初め1月や2月頃はまだまだライブ配信をしている人はまだまだ今の様に多く無かった。
ところが、新型コロナの影響が出始めた4月頃から6月ごろにかけて徐々に増えてきて7月頃から急激に増えてきたと感じるのは私だけでは無いと思う。
Facebookはすでに多くの人が活用していて世代的には中年以上の人たちが多く、中にはもう古いよと言う人もいる。
しかし、Facebookは他のSNSと違って本名で登録しているので、コメントも前向きなものが多いという点は大きい。
5月に作家の本田健氏が初めてライブ配信をFBでやった時、何とそのライブ配信に6000人以上の人が見ていてコメントもすごいものがあった。
有名人だけでなく私達にも同じことができるのである。
それがFBのライブ配信である。

今やFBのライブ配信はすごい可能性が秘めているといえるだろう。


その理由は、ライブ配信研究会というFBグループを立ち上げた赤城夫婦の活躍を見れば誰もが納得するのではないだろうか。
赤城夫婦(FBページ名)は、連続配信を365日続けることにより延リーチ数が何と75万人になった。
8月1日の365日連続配信記念ライブは再生回数1.2万回となっている。
赤城夫婦の赤城良典さんは2019年8月1日からスマホでライブ配信をスタートさせた。
当時は日本でFBライブ配信をしている人はほとんどいなかったし、またFBライブ配信の情報も何もない状態で米国のマーケッターから「ジャパネット高田の番組ができるよ」と勧められる、「本当かな?」と半信半疑のまま1人でひたすら配信を続けたという。
当初の3週間はライブ配信中にオンタイムで誰ひとり見てくれる人はいなかったし、コメントもほとんどなかったという事は、今では笑い話になっている。

赤城良典氏と私

私は昨年の11月から赤城夫婦の良典さんとご縁があり当時京都の鴨川からスマホでライブ配信されているのを知っていたが、平日の午後にされていたので毎日時間に余裕がある人だなと思っていた。

2020年1月26日にマツダミヒロ氏と赤城夫婦の「ライブ配信ビジネスマスター講座」の受講をきっかけに、私もスマホでFBライブ配信をスタートさせた。
その時の赤城夫婦のリーチ数は12万人に達していた。

マツダミヒロ氏と赤城良典氏


広告を出さずにこれだけの数にリーチする(届けられる)ことを考えればかなり夢のある話だと、受講者は全員思った。
その後、しばらくして赤城夫婦が「ライブ配信研究会」というFBグループを立ち上げた。
その後、赤城夫婦のライブ配信に魅了された人が続出し、毎日赤城夫婦のライブ配信を見ずには寝られないファンが増えていった。
比例してライブ配信研究会の入会希望者も増え続け
今では承認待ちも含め1000人近くに達しているという。
ライブ配信研究会に入るメリットは、
①無料であること。
②月1回赤城夫婦のライブ配信についての勉強会に参加できること。

しかも、メンバーの9割がアクティブ会員でそれぞれが各自ライブ配信をしている。
メンバーも多種多様で、男女比は大体7:3ぐらいで女性が多い。
赤城夫婦のトークの進め方や間の取り方、話し方まで完全コピーして、100回連続配信をする人も続出して来たのだ。
中には@いけちゃんという不動産屋の社長が物件の内覧会をライブ配信で行い、成約したことが地方新聞にも取り上げられた事もあった。
また、このライブ配信研究会では参加者同士で盛り上げていこうとする精神で溢れている。
守大悟@ダイゴはコメントでライバーのサポートをすることで女性のファンを掴んだ。
また、横井康真@横井Pは陰ながら初心者ライバーの投稿やいいねをこつこつとまめに押して、多くの仲間の心を掴んだ。
女性ライバーの活躍も目覚ましい!
赤城夫婦のライブ配信の奥義の「ちゃんとしない」を猫のイラスト入りのカワイイステッカーを作った福井靖恵@やすりん。赤城夫婦の完全コピーをして自分のスタイルを築いた@うしおまこさん他多くの書ききれないほどの個性的なライバーが活躍している。

赤城夫婦のライブ配信の一コマ

そんな赤城夫婦のライブ配信の魅力はどこにあるのだろうか?


魅力の感じ方は人それぞれなので、“百聞は一見に如かず“の通り、一度赤城夫婦の
ライブ配信を見るのが一番分かりやすい。オンタイムで時間が合わない人でも過去のアーカイブ動画が見ることができる。

私が感じる一番の魅力は、なんと言っても赤城良典さんの誠実さが溢れていることだ。

元々、赤城夫婦は結婚生活研究家として15年前から活躍されていて2冊の著書も出版されている。妻の加奈乃さんが結婚相手として選んだ理由の一番に、財産でも収入の多さでもなく良典さんの正直さと誠実さだと言われていたのはよくわかる気がした。
さらに、そんな事までライブ配信で喋っても大丈夫かかと言うぐらい有料級の内容をこれでもかと言うぐらい、提供されているのだ。
これには本当に驚く。

私は初めの頃、これはローンチの手法か?と何度も疑ってしまったこともあるが、売り込みは一切ないので見ている方からすれば、安心安全の場が保証されている。
赤城夫婦のライブ配信は一方的に見ているのでは無い。
コメントをすればその全員のコメントを読んでしかも丁寧に答えてくれるのだ。
初めて参加される方はそのコメントに戸惑われるが、慣れてくればどんどんコメントをしたくなる。
コメントすれば他の参加者からいいねボタンで歓迎してもらえる。中には初めての方にフォローまでしてくれるベテランまでいる。
赤城夫婦のライブ配信のテーマの内容も素晴らしいが、それに加えメンバーのコメント力が素晴らしい!
赤城夫婦とライブ参加者で総合的にピアラーニングできる点は他のライブ配信には今のところ無い。
昨日のライブ配信もマイクのスイッチ忘れで4分間の無音状態があったり、
その後話が盛り上がり、有料セミナーと同等の内容までライブで垂れ流すという、いつものように2時間いかにも赤城夫婦のライブ配信だ!という濃い内容になった。

今、ライブ配信研究会が本当に熱い!
夏の暑さを乗りきるために熱い赤城夫婦のライブ配信はなくてはならない存在だ!

赤城夫婦facebookページ

リンク先はこちらhttps://www.facebook.com/akagifufu1/

これからライブ配信をしてみたい方は是非一度ご覧になられてはどうだろう。