1. HOME
  2. Person
  3. どうせみんなは私!近藤瞳さん
Person

どうせみんなは私!近藤瞳さん

Person, podcast

どうせみんなは私!近藤瞳さん

 
Play/Pause Episode
00:00 / 00:37:43
Rewind 30 Seconds
1X
プロフィール 近藤瞳さん
大学を卒業後15年間一度も就職をすることなく世界126カ国へ行った旅人。
4年前に行ったイギリスのシューマッハカレッジでサティッシュ・クマール氏の教えを
受け継ぎ日本で全国各地でワークショップを開催。
地球の起源46億年を4.6キロに換算し歩きながら自分ごとに落とし込める
ワークショップは、多くのファンの虜にする。

インタビュー(一部抜粋)

この後は
8月中旬まで予定が入っています

6月から再開するにあたって5月の終わりから声をかけたら
来てくださいと連絡が来た。
今回は20回ぐらいのワークショップ開催です。

シューマッハへ行かれたのは4年前
ワークショップを始めたのは1年前から

最初は5件ぐらいから

琵琶湖にて(近江八幡市)近藤瞳さん

参加者の方の感想は?
勝手に自分ごとに考えられるようになる。
イコール自分なんだな
体で感じることの面白さ

人生そのものが仕事とは
自分であることが仕事
お金をもらうことが仕事ではない
あなたが精一杯できることが仕事と捉える
結果的に経済活動になっていた

無いは有るのと一緒
どうせみんなは私
私は持ってるものはなにも無いでも
結局、車はそこら中に走ってる。必要であればのせてもらえばいい
もし、盗まれてもどっか行ったわけではなく
地球全体が家だから家の中のどっかにある
地球はみんな一緒だから

近藤瞳

地球規模で考えられる様になったのは?
歩くことが好きで瞑想をするより歩いている時がわあたしの瞑想でその時に地球は私と同じじゃないかと気づいた。
地球の水の比率と体の水分の比率と同じ。
地球の人口77億人は何と一緒かと考えた時に自分の体の細胞の数と一緒だと思った。

インタビューの全部はポッドキャストをご視聴下さい。

取材日:2020年7月17日