1. HOME
  2. Person
  3. 運気を上げる名前の専門家・鎌田起世美さん
Person

運気を上げる名前の専門家・鎌田起世美さん

Person, podcast

運気を上げる名前の専門家・鎌田起世美さん

 
 
00:00 / 00:50:48
 
1X
 

かまたきよみさんFACEBOOKはこちら👈

YouTubeチャンネルはこちら⬇

【名もなきbar】鎌田起世美さん
鎌田起世美さん紹介
創業45年、お父様の代から会社の名前付け・運氣を上げる事の専門家
ブログはこちらです。👈

インタビュー動画(一部抜粋)

インタビュー(一部抜粋)

私は運氣を上げる名前の専門家、父の代から会社の名前を付けています。
父の代からなのでもう45年になります。
今までつけたところは1社も倒産していない。会社は10年で5%しか残っていない。
運氣の上がる名前って天から降りてくるのですか?
質問力っているよね。インタビューしてその人の奥底の思いを引き出して、
イメージできた名前の数字の運氣を見てそれを提案します。
その人の思いって奥底にあって一言で言い表すって難しいでしょ。
それを仕事にしています。
その人が気づいてないところまで掘り下げて聞いていかないとね?
そうそう
まだやってないけれど、未来にやるであろうことを予測というか引き出してね。未来から引っ張ってきて今のを作るので、結構未来予測的に付けています。今こんな事をやっていきたいっていうのは広がるので、それを見越しながら名前をつけています。

未来のことを予測するためにはその人の過去何をしてきたかも大事なのではないですか?
そう!その通りだから小さいときに何をしていたかも聞きます。
その人が大事にしてきたことって、今まで生きてきた中に形成されてきた複合的なものって有るじゃない。
なので、過去にもヒントが有るし未来それが継っていくっていうことでそれもヒントにしますね。
質問めちゃくちゃしますね。

時間かかりますよね?
かかります。1日ではできません。
今年、Youtube番組「名もなきBar」30分番組でその中で決めるっていう即興で決める事をやりました。
結構評判が良くて、その場で名前をつけてみたのですが、私が事前に質問をしてなくて、ディレクターが私の代わりに事前にこんな事を質問をしてきてと言って聞いてきてもらってやりました。
なぜそれをしたかっていうと、私が事前に聞くとライブ感が無くなるから
今まではそんな事はできないと思ってきたけど、それをしたことが私の大変化かな。
なぜそれができたかと考えてみたら、みんなの意識の力だと思う。
ディレクターやカメラマンとかがみんなが一つになってその人の良さを引き出そうとする意識の集合体がどうも私のところにざばっとくるから、一人で創ってきた時の力の何倍もの力をもらったのでできたと自分の中ではそう思っています。

3年前にホンマルラジオのパーソナリティーしていた時の第1回目にきよみんに来ていただいき、その時の話は衝撃的でした。
興味の有る方はリンク先からお聞き下さい。

ホンマルラジオ出演番組はこちら👈

それから3年時代はすごい進んでて、ディレクターがいたりしてましたが今や全部一人でできてしまう。
私のところの運気アップていう仕事してるから、三元機運(さんげんきうん)思想って世の中がどんな動向で流れてるってことを読むんですよ。
2024年以降、「個」の時代、女性性の時代って分かっていて、本当に本質を求められるってことも分かっています。
今は八運(はちうん)って言ってまだ組織っている時代なんだけれど2014年ぐらいからちょっとずつ動いていて次の時代に行ってる、特に2020年はキーワードだったんですよね。
私は2017〜2019年は心をクリーニングするってことでアロマ使い始めたりして2020年にターゲットしてきた。まさかここまで変わるとは、でも何かが変わるってことは分かっていた。
変わるって楽しみじゃない?
いろんな社長さんが言うのには焼け野原じゃないけど、いくらでもチャンスが有るっていうこと。やりようによってはいくらでも事業って作られるかなっていうこと。

*インタビュー全編はポッドキャストをお聞き下さい。

編集後記

3年前のホンマルラジオでのきよみんの話は未だに忘れることができないほど衝撃だったわけですが、あれから3年。
今回の話は運氣を上げるコツを中心に、きよみん節が炸裂しました。
鎌田起世美さんの仕事柄、これからの社会の動向を読みながら運氣を上げることを活動されていて、「なもなきBar」というYoutube番組で即興で名前をつける事にチャレンジ!番組スタッフのみんなの力が一つになって、今までとは違った大きな力になって、名前をつけることができたと語った。
これからはオンライン時代に突入していく。それにどれだけ早く対応していけるかが一つのポイントだと言われている。
鎌田起世美さんは自らその変化に対応されている。
人の運気を上げるためには、まず自分の運氣を上げていくことも欠かさない。
毎月1日に京都の伏見稲荷大社にお参りに行かれて4年。
引っ越しもされ断捨離もされたのはきっとこれからの変化に対応するためだと思うが、コツコツと実行されているのだなと感じた。
これから生き残れる人は「1:相談力」「2:人間関係力」のある人だと教えてくれた。
ポッドキャストは何度も聞けるのがいい。
何度も聞きたいインタビューに今回もなった。
ぜひ皆さんも、聞いてみて下さい。

取材日:2020年7月3日