1. HOME
  2. Person
  3. LISAS(リサス)代表大橋梨沙さん・子育て中のワーキングマザーに人気なのは料理のレシピだけではなかった!
Person

LISAS(リサス)代表大橋梨沙さん・子育て中のワーキングマザーに人気なのは料理のレシピだけではなかった!

Person, podcast

LISAS(リサス)代表大橋梨沙さん・子育て中のワーキングマザーに人気なのは料理のレシピだけではなかった!

 
 
00:00 / 00:29:30
 
1X
 

「Lisasの焼豚、買って帰って父に出してあげたら、入れ歯無しでも柔らかいから食べられる!と喜んで、本当に入れ歯無しで食べてしまいました。」と、嬉しいご報告。また期間決めてお祭りウィークやりますね♡ウチの鉄板はローストビーフサンドと焼豚とハーブ豚かな。でも全部嬉しい声いただきました。またやるー

大橋 りささんの投稿 2020年5月7日木曜日
梨沙さんのFBの1ページ

LISAS(リサス)のH.Pはこちらです。

キッチン前の大橋梨沙さん
1F風景
1Fショップ

インタビュー(一部抜粋)

今日 の ゲスト は LISAS(リサス)代表 の 大橋梨沙 さん です。

はいちょっと私は烏丸五条に京町家を改装した料理スタジオを持っております。 月間150名のお客様がこられてます。
ここで料理教室をするだけにとどまらず東は福島から
西は広島まで出張で料理教室をしておりました 。
このたびコロナの影響で 出張はお休みしてますけども料理教室も休み してますが 今はノートの有料のレシピであったりだとかユーチューブ を使った動画の配信だとかでお客様との繋がりを持っています。
あとは料理教室で使っている調味料や食材の販売をネットショップで行なっています。

はい ありがとう ござい ます

Q:こちらは住まいを改装されたんですか?
自宅は別にあります。

自宅で料理教室をまる2年やったんですけど、
自宅の教室はすぐに満席になって予約 が 取れないという状況 になりまして満席 が続いたのでこちら 店舗を構えて移転してきました。

Q:満席になるのはどういった点だと思いますか?
同じような悩みを持った主婦30歳代 後半 から40歳代の主婦または 子育ての落ち着いた50代の主婦の方々の悩みを共感できると言います か、そういう私の本音をさらけ出したブログに共感してもらえたお客様 が ブログで共感してきてもらえたので何かなんか折込チラシをしただ とかお店を見てきたとかそういうのではなく、SNSの発信だけでお客様を集めてました 。

Q:そのブログはどういった事を発信されていましたか?
そうですねはいはい例えば そうですねワーキング マザーでフルタイム の社員だったんですけどそんな中、帰ってから子供のご飯作るのにいかに手間暇かけずに添加物のないものをちゃんと作るかというのを且つオシャレっていうのをずっと綴ってました。

そうですね 見栄えするようなお料理だったり子どもが本当に食べてくれるお料理であったり時間が限られた中でどうやって工夫していくかって いう 段取り術が皆さんに受けたと思ってます 。

Q:料理レシピサイトのクックパッドを見てもそのとおりにできるもんですか?
なかなかソレができない人が来てると思います。
何 かその通り見てその一品は例えば作れたとしてもじゃあ次似た様な 味付けの他の例えば 肉じゃが は見て作れました。じゃ何とかの甘辛煮 ってなったまた何とかの甘辛煮を検索しなきゃいけないっていうのがなんていうか本当に調理が簡単にできるという意味ではないと思ってるので肉じゃがを作るのであれば同時進行で何の副菜ができるかとかなんで 砂糖なんかとか何でみりんなんかとかそういうところまで細かく説明するのでお料理の応用力がつくと言いますか、考え方が身につくので、
だから無料レシピが 溢れてる中でもこれだけ需要があると思ってます。

Q:色んな料理の本を買って作ってみても食べてみないと美味しいかどうかわからないを繰り返したんですが?
そうですね。
その時で終わりじゃなくてすべてが続いているので何ていうか炒めものするにはどういう順番でどうしたらいい強火なのはどういう理由ここで弱火なのはどういう理由というのはすべて 話をするのでそのレシピだけにとどまらずにお料理の仕方を全部毎回、教えを学べるというかそういう感じになってます。
だから何か一個のレシピこれが習いたいっていうのきっかけできてくださるんですけどそのあとわりと継続してあのずっと聞いてくださってます。
ここは入会金とかコースの契約とかがいらないので気軽に 自分が面白そうだなと思っただけ来て貰ったらそこで自分が思ってた以上の学びが二つ三つ持って帰ってもらえるっていうのもこれリピーター さんが多い理由と思います 。

Q:もともと料理が好きだったんですか
いやいやそんなことないですよソレが大学生なるまで包丁握ったことなくてずっと実家でも甘やかされて育ってきたんですけど 大学生になり ましたで一人暮らししましたお料理ってどうすんでやろうと思った時に 一 個ずつ失敗して、あっこういうことせなあかんのか? みたいな感じで 一 個ずつ学んでいた訳です。なので 大人になってから面白いなと思っ たことなんで吸収が凄い早くてできないっていう気持ちがわかるので
全部お料理が上手で成功してきた人とは違う分からないって言うところ の視点からのレシピ が書けるかなと思ってます 。

Q:家族から作った料理が美味しいと言ってもらえると嬉しいですね。
やっぱり 大橋さんもその 辺 から の スタート ですか?

やっぱり自分が作ったものが食べておいしいって言ってもらえるのは作った方も嬉しいし出された方も嬉しいしって言うので子供が生まれてから特にお店に行かずにホームパーティーをたくさん開くようになりまして、お店には子ども連れていけないですから。
つくった側 も嬉しいし招かれた側も嬉しいしっていうので、その時、お料理は人を 繋いでいいなと思った訳です 。

大橋梨沙さん

Q:会社でお仕事されていてそれであることをきっかけにこの料理教室で起業されたその辺のきっかけはどんなことだったですか?
そうですね、やっぱり働きながら時間を確保して手際よく料理するって いうこの段取り術が世の中のママさんに求められていると強く感じたの で何となく会社員を続けて定年まで働くということにも疑問を感じてた のでこの力を仕事に変えたいと思って思い切っ て起業しました。

Q:なるほど それでこの 新しい場所に移されて3年目
京都のちょうど 真ん中ところに店を構えられてやっぱり反応がいいですか?

そうでもないですよねソレがね 。
やっぱり2年目3年目ってのは事業としてしんどい時にあると思うんですよね。
なんかもう自宅の時はもう定員が少ないからみんな頑張って駆け込んで くれてたのが急に定員が倍ぐらいになった時にでしかもいつも週6毎日 開いてるってなっ たら満席じゃない日ばかりになるのでそのうち行こ うと思ったら時間がたつっていう感じでなかなか満席にならなくて実際 の売り上げだったりだとか来客数は伸びたものの・・・・・・

インタビュー全編はポッドキャストをお聞きください。


インタビュー取材を終えて

オーガニックイタリアンの「クチーナナトュラーレエッフェ」のオーナーシェフの藤松俊之さんからのご紹介でお会いすることになった大橋梨沙さん。
自ら「私は尖っています」と言われるのは、どういうとこですか?とお伺いすると、人の評価はほとんど気にしない!と自分で決めたことは直ぐにする!と即答された。
取材当日も翌日の予約のお弁当の仕込みにスタッフに指示を出しながら、今の状況を打破するためにできることを、次から次にこなされていた。

4月から始めたというnoteの記事にも94記事もアップされていてPVが18000もあった。ワーキングマザーのニーズをきっちりと掴まれていて、素晴らしい。

起業される前にホームパーティーで料理は人をつなぐと感じた直感力も素晴らしい。

今は自粛で料理教室も休まれているが、普段はテーブルの上はお花が飾られまるでパーティーでもするかのテーブルコーディネートをされていて、行くだけで
女子が喜ぶようにされている。

そんな光景も自粛が終わればぜひ見てみたい。

今後も継続して注目していきたいと感じた。

最後に、笑顔がとっても素敵な大橋さんだが、最初マスクをされていて表情がよくわからず、インタビューには的確に応えられて仕事ができる女性というオーラが溢れていた。
最後にカメラを向けるとマスクを外され、最高の笑顔で今まで雰囲気とはガラッと変わったので、ちょっと驚いているといろんな取材をされていて撮影なれしています。とニコッとされた。
コロナの影響でマスクをするのが当たり前のようになってきているが、マスクをしていると顔の表情がわからないので、こういう時はちょっとやりにくいなと思いながら、最後に素敵な笑顔を見ることが出来たので僕もホッとした。

取材日:2020.4.29