1. HOME
  2. Person
  3. 世界大会優勝する方法は継続すること・プロインラインスケーター 中村友彦さん
Person

世界大会優勝する方法は継続すること・プロインラインスケーター 中村友彦さん

Person

5歳の時にインラインスケートを買ってもらって遊んでいたけど、7歳の時にハーフパイプのショーを見に行って、子供ながら衝撃が走った。
「僕もハーフパイプを滑りたい!」
それから、練習に通った。

関西大学学園祭にて
関西大学学園祭・ハーフパイプショー

年齢的には、ゴールデンエイジと言われる頃、全てを体が覚えていく年齢だ。

スケートで滑るとスピード感と風が頬にあたり爽快感が何とも言えない。
中村さんはあまり練習している時の事を話したがらないが、滑って滑って、転けても立ち上がってまた滑った。辛いと思ったことがないかもしれない練習。
本当に夢中で練習されたんだろう。

好きなことをしてるときは、時間を忘れて夢中になってということは、たぶんそんな感じだったのだろう。

当然、家族のサポートも熱心にされていたと思うが
本人の意思が子供ながら、かなり強い信念のようなものがあったと思う。
その時に、集中力も身についたのかもしれない。
そんな7年間の練習の結果、
14歳で世界大会に出場し優勝した。しかも兄弟でワンツーフィニッシュを飾った。
その後、プロ転向。
現在、日本には5人のプロが活躍中。

Team goodskatesに所属。

現実問題として、日本ではまだまだ認知度も低いマイナーなスポーツ。

「これから、企業と繋がり世界に向けて発信していきたい!」

プロフィール動画 TomohikoNakamura
野外ロックフェスにて
プロモーションビデオに出演